不動産売却ガイド-STEP2

不動産売却の流れ!

STEP2 査定・物件の確認・調査について

不動産売却は、所有不動産がいくらで売れるかを調べる価格査定から始まります。売却が決まっている方はもちろん、住みかえを考え始めたばかりの方も、まずは査定をしてみましょう。売却金額の目安を知ることができます。

1. 査定とは?・・・・・

ご売却予定の不動産の室内の状態・設備の状態など、実際に現地にて調査し細部まで確認をします。また、役所による調査・法務局での権利関係の調査等を行い、周辺の成約事例・売出事例・地価公示価格・地価調査価格をもとに、より精度の高い売却予想価格を算出します。さらに、経済情勢・住宅市場動向・エリア特性などを考慮して最終的な査定価格を算出します。

2. 物件の確認調査

ご所有の不動産についてさまざまな角度から調査を行います。不動産物件そのものの調査はもちろん、法律上の制限や地域特性、権利関係などを予めしっかりと調査・把握しておくことが、トラブルを回避し、スムーズなお取引を実現させることに繋がります。

現地(建物・敷地)調査

●近隣の空き地、隣接建物の状況の確認や近隣での建築予定の確認
●騒音、臭気、周辺の嫌悪施設等の確認
●リフォーム履歴
●収納スペース
●日照条件
●眺望・景観
●設備機器のグレード

<マンションの場合>
●管理規約の確認
●管理費や修繕積立金の額、滞納の有無
●長期修繕計画の内容

<土地・戸建ての場合>
●接道状況、道路種類の確認
●上下水道の確認
●境界や越境の有無

法務局調査

●登記簿記載事項の確認
●公図、測量図、建物図面などの確認

法務局調査

●用途地域の確認
●建築・法令上の制限などの確認

3. 価格査定

調査の内容をふまえて、物件の価格査定を行い、「調査報告書」をご提案します。

4. 売出し価格の提案

周辺の取引事例、売出事例、類似物件の販売状況などを考慮し、売主様のご要望を考慮したうえで売出し価格をご提案いたします。

客観的なデータを元に査定価格をご提案します。

経験と勘で査定価格をお伝えするようなことはしません。
査定不動産周辺の取引事例・販売事例や公示価格・路線価などの「公的データ」を根拠として、売主様に分かりやすい内容の査定書を作成し、価格をご提案します。

●査定価格算出に用いるデータは、当社独自に収集・蓄積したデータ、国土交通大臣指定流通機構「レインズ」等、多角的・客観的なものを活用しています。 

●近隣の類似物件の多寡や新築物件の供給予定、販売状況やエリア特性など、市場の分析を行い査定しています。

●査定不動産周辺の市場動向、近隣の取引・売出データ・公示価格等の推移をふまえ、ご提案します。

●査定不動産と近隣取引データの評点比較を行った上で、査定価格と売出価格をご提案します。

●物件やエリアの特性に応じた販売戦略を策定し、ご提案します。