不動産売却ガイド-STEP6

不動産売却の流れ!

STEP6 購入申込み~売買契約の締結

さまざまな売却活動を通して購入希望者を探します。
お問い合わせをいただいた方に、実際に物件の見学をしてもらいます。

1. 購入希望のお客様からの申込み

購入希望者から受領した「購入申込書」をご覧いただき、ご売却の条件に合致するかどうかをご判断ください。

購入申込みにあたり確認する事項

購入希望価格
    購入希望者の方の資金計画にもとづき、希望する購入価格が提示されます。

代金の支払い条件
    下記項目について代金の支払い条件が記載されています。
 ●手付金:売買契約締結時に支払われるもので、売買価格の5~10%程度が一般的です。
 ●残代金:売買価格から手付金を差し引いた金額が記載されています。

融資利用予定の有無
 住宅ローン等の融資の有無が記載されています。

契約・引渡し希望日
 下記の日程について希望日が提示されます。
 ●契約締結希望日: 購入希望者の契約締結希望日が記載されています。
 ●決済希望日  :
購入希望者残代金支払いが可能な日です。
          通常は法務局や金融機関が営業している平日の午前中に設定します。
 ●引渡し希望日 :一般的には、決済日と同じ日になります。

 

その他
    購入にあたり、希望する条件がある場合、記載されます。

2. 契約条件の調整

契約条件の調整は下記のような流れで進めます。

3. 契約までの流れ

契約は下記のような流れで進めます。 契約にあたって必要な書類等がありますので、流れを理解して予め準備をしておきましょう。

契約の事前準備

ご用意いただく書類・金銭等
  ●実印・印鑑証明書(共有の場合各々)
  ●登記済権利証・登記識別情報
  ●固定資産税等納税通知書
     ●本人確認書類(免許証・パスポート等)
     ●売買契約書貼付印紙、または印紙代)
     ●
仲介手数料(半金)

※印鑑証明書の有効期限は3ヶ月以内
※売買契約の締結に際し、ご本人(共有者含む)が出席出来ない場合ご本人(共有者)の委任状と印鑑証明書および代理人の印鑑・本人確認書類が必要となります。なお各必要書類については、随時担当者にご確認ください。

重要事項説明

●売買契約に先立ち、重要事項の説明を宅地建物取引士より受けます。
●重要事項とは、不動産売買にあたり不動産会社が売主様・買主様に説明しなければならない事項をいい、対象不動産の権利関係、法令上の制限、契約解除に関する事項、その他重要な事項などがあります。

注意!
重要事項の説明を受けて内容をよく理解しないまま契約し、トラブルになるケースもあります。
必ず内容をよく理解してから契約に臨みましょう。

売買契約の締結

●売買契約書には、売買代金や売買対象面積、引渡し時期等が明記されます。
●契約時に物件の状態を確認する書類として、「設備表」と「物件状況等報告書」があります。
    売買物件に付帯する設備(キッチン、給湯器、エアコン、照明器具など)、売買契約時の物件の状況(雨漏りの有無など)を売主様から明確にします。
●買主様から売主様へ手付金が支払われます。
●不動産会社に対して仲介手数料(半金)を支払います。。